俳優

磯村勇斗が料理を得意な理由は?燻製など得意料理写真紹介や腕前動画などまとめ

ドラマや映画での活動して、「仮面ライダーゴースト」のでアラン/仮面ライダーネクロム役で知られるようになり、その後は「ひよっこ」「今日から俺は!!」「きのう何食べた?」などいろんな役を見事に演じ、今やカメレオン俳優としても有名な、磯村勇斗さん。

「2020年ネクストブレイクランキング」では1位に選ばれました。それは好青年からヤンキーや同性愛者までどんな作品でも演じきると、その演技力は高く評価されているからなのです。

今回は磯村勇斗さんが料理を得意な理由と、燻製など得意料理写真紹介や腕前動画などまとめてみました。




磯村勇斗が料理を得意な理由

磯村勇斗さんは料理が得意です。

それは「ひよっこ」見習いコックの役作りでプロの料理人の方に指導してもらって一生懸命練習したら腕は上達したらしいです。

元々21~22歳の時にカフェのキッチンでバイトをしてたらしくフレンチのシェフになりたかったぐらい料理は好きだったそうです。

中でもメニューにあった燻製は気に入りまねていろいろ作るぐらいにハマったそうです。

それ以来いろいろな物を燻製にして家族や友人に振る舞っているそうです。

磯村勇斗さんは「ひよっこ」でプロの料理人の方に指導してもらってますが、この指導をされたフレンチのシェフは磯村勇斗さんの料理に向かう姿勢が俳優ではなくて料理人だったとおしゃってました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

だからこのシェフも俳優に教えるのではなく料理に人教えるつもりで教えたとおっしゃってました。

磯村勇斗さんの学ぼうとする姿勢にシェフは料理人になって自分の店で働いてもらいたいとまで思ったそうです。

何に対してもストイックに取り組む磯村勇斗さんならではですね。

そんな磯村勇斗さんは「ひよっこ」の撮影の時の小道具の包丁、毎日研いでいた包丁(料理人は毎日仕事終わりに包丁を研ぎます)がいたく気に入ったらしく撮影が終了したら売ってもらおうと思っていたら、サプライズで撮影終わりにプレゼントされたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

とても嬉しかったそうです。




燻製など得意料理の紹介

燻製は特に好きでよく作るそうですが、エビや卵やチーズなどのようにすぐ燻製になる物からつけ込み時間がら2週間で完成するベーコンなどの燻製までいろいろ作っているそうです。

自宅には本格的な燻製器があります。

料理のレパートリーは沢山あるらしいのですが、特に得意と言えば餃子やシューマイです。

包む系がいいんでしょうね。

餃子に白菜の漬け物を入れると美味しいとか。

鶏ハムの南蛮漬けも得意料理。

鶏ハムの南蛮漬けは鶏の胸肉をコーヒーで煮込んで南蛮漬けにするそうです。

これは料理番組で作っていた物を自分流に作った物です。

他にまぐろアボカド丼も作るそうです。

普段から角煮や豚のコンフィ、カレーなど時間をかけて煮込む系の料理もつくっているそうです。

自分で料理の日を決めて調理してるんですね!




料理動画を探してみた

2017年のピラミッドダービーで料理しているシーンがありました。

芸能人ナンバー1の料理王ですよ。

手際よく料理している姿はちょっとファンにはたまらないんじゃないでしょうか!!




まとめ

いかがでしたか?

磯村勇斗さんが本当に料理好きなのが分かりましたね。また料理の腕前も相当な物みたいですね。

磯村勇斗さんに彼女に手料理は食べさせるのか聞いたら、彼は彼女には作ってもらいたい方だそうです。

しかしこんなに料理の得意な磯村勇斗さんの彼女になるかたはプレッシャーでしょうね。

料理が余り得意でない彼女には自分が作るから、といって出しゃばるのは嫌いみたいです。あくまで作ってもらいたいそうですが。

余りにも料理が苦手な彼女なら教えながら一緒に作ってあげるそうです。優しいですね。

今後は料理の腕を生かすお仕事も出来るといいですね。




ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。
関連記事