ご挨拶

トリニティ原価マスク39円の通販購入方法は?安く高品質な理由と価格/送料/入荷はいつかも

スマートフォン関連製品などを販売しているトリニティという会社がマスクの販売を開始するということで話題になっています。

ただ、販売するだけでは話題にはなりませんが、何が話題かというとそのパッケージと価格にあります。

その名も

「原価マスク」

いったい何って思うかもしれませんが。

この記事では、トリニティの「原価マスク」とは何かと購入方法、価格などについてまとめていきます。

 

トリニティ原価マスクとは?安く高品質な理由は

トリニティの発売する「原価マスク」ですが、名前の通り、原価販売です。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本中でマスクが不足しており入手が困難な状態です。
転売の規制はされているものの、高額なマスクが販売されている状況。

そんな中で、転売や粗悪品などを防ぎ、手に入れやすい価格で消費者へ届けるための手段として、スマートフォン関連製品を製造委託をしている中国の企業と協力して、マスクの製造販売を行うこととしたそうです。

商品を販売する場合は、製品原価に様々なコストを足して価格設定をしますが、製造原価のみで販売をする予定とのこと。

もちろん、送金手数料やオペレーションにかかる人件費、パッケージやウェブ制作、サーバー費用などもかかるがそれらは一切計上しないとか・・・・。

そして、転売をさせない為の一番の特徴は「原価マスク」のパッケージです。
パッケージにマスクの原価計算をした数字のイラストが入っています。

その足した数字が販売価格という面白いしかけ。

「元の販売価格が書いてあれば、転売する人はそれよりも高く売るのは難しくなるのではと考えている」

と話されています。
1円でも上げてしまうとバレバレですもんね~。
面白すぎる。

 

トリニティ原価マスクの仕様/特徴

仕様

品名 三層不織布マスク
本体サイズ 約175mm × 95mm
枚数 50枚入り(1枚ずつ個包装)

〔素材〕
本体:ポリプロピレン、ポリエステル不織布
耳紐:ポリエステル、ポリウレタン
ノーズワイヤー:アルミ、ポリエチレン

特長

不織布マスクは 3 層構造のホワイトタイプのマスクで、携帯するのに便利なように1枚1枚個包装してあります。

•ほこりなどの侵入を防ぐ三層構造フィルター
•安心 / 清潔な1枚ずつの個包装
•隙間を防ぐノーズワイヤー
•呼吸が快適な立体プリーツ設計
•耳が痛くなりにくいゴムを使用

次回入荷予定日はいつ?

2020年(令和2年)

5月11日を予定しています。

購入者への発送はそれ以降とのこと。

 

トリニティ原価マスクの価格や送料は

「原価マスク」の販売価格ですが。

1箱50枚入り

2,176円(税込)

です。

1枚あたりの単価は約39円(税抜)/約43円(税込)。

内訳は、
仕入れ価格が1,469円、輸送費150円、関税69円、倉庫手数料200円、カード決済手数料70円、消費税218円となります。

全部足すと、2,176円ってなります。

送料は別途必要です。

本州、北海道、四国、九州は1箱で一律495円(税込)
2箱以上で506円(税込)
それ以外のエリア(沖縄/離島)は2,580円税込)。
※トリニティ製品を5,000円以上購入するとマスクの送料が無料になります。ただし、マスクのみの購入の場合は、5,000円以上でも送料は無料になりません。

 

トリニティ原価マスクの通信販売/ネット販売について

では、トリニティの「原価マスク」はどこで購入できるのでしょうか?
トリニティ公式サイトで購入することが出来ます。

https://trinity.jp/Genkamask/

現在注文を受付中なのでお早めに。

転売を防ぐため、1回の注文で4箱(200枚)までとなっています。

まとめ

SHARP製マスクの発売によって、マスクの価格帯が明確化されたように思います。

不織布等の原材料価格の高騰で手が出にくくなってきましたが、今回、トリニティ原価マスクはパッケージに原価を明確に見せて販売するという面白いこころみ。

徹底して原価にこだわっていますが、商売的には大丈夫なのか気になります。

1回4箱までの購入とのことだが、このマスク不足にありがたい取り組みです。
競争率はなかなか高そうですね。

エリエール国産マスクの発売はいつ頃?通販ネット販売や生産設備/生産量についても【大王製紙】エリエールブランドを展開する東京都の大王製紙は、2020年(令和2年)4月27日に、不織布マスクを日本国内で自社生産を開始することを発表...
マスクルでマスクの通販購入方法/買い方は?大量入荷//注文/販売/在庫あり!低価格で高品質の理由とは新型コロナウイルスの影響もあり、日本全国でマスク不足におちいっています。 そんな中で、マスク1,000万枚/月対応可能なマスク販売...
河童ガジロウマスクの通販購入方法は?怖すぎる妖怪ゆるキャラの評判と価格/販売店についても兵庫県福崎町のリアル妖怪で注目のゆるキャラ『河童ガジロウ』ってご存知ですか? 『河童ガジロウ』は、怖すぎるゆるキャラということでち...
オンヨネマスク通販/予約で購入方法は?繰り返し使える/洗える再利用と除菌効果/機能/価格はいくらかついても【日本製】新型コロナウイルスでマスク不足の中、日に日に高機能マスクが発売していますね。 新潟県にあるスポーツウェアメーカー『オンヨネ』と新潟...
河島製作所カワシマスク通販購入方法と発売日は?繰り返し使える性能/価格と楽天、amazonでの販売についても大阪府にあるプラスチック製品の製造・販売会社「河島製作所」が、プラスチック素材で、繰り返し使用可能なエラストマー性抗菌マスクを開発しまし...
ジーア次亜塩素酸水除菌液の口コミ/感想や加湿器にも使える?価格や違約金や効果/安全性についてもアルコールよりも、除菌力や安全性が高いジーアという除菌液が注目されています。 商品名の由来となら次亜塩素酸水で出来た除菌消臭水のこ...
キノットKinotはコロナウイルスに除菌効果があるのか?次亜塩素酸水スプレーの口コミ/評判/価格/どこに使える/お得に買うには新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、マスク不足の次は除菌液なども売り切れが続出していますよね。 急激に感染拡大で、見えないウ...
コロナックスはどこで買える?発売日やサイズ/価格/機能など家庭用の簡易コロナシェルターについて調べてみた【三重県】新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中で、自宅にいても家族間の感染などは避けられません。 そんな中、三重県の会社員が中心となって、...
ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。
関連記事