女優

南沙良は歌下手or上手と声質は?演技力を映画/ドラマで考察とポッキーCMの評価

演技派若手女優として人気の南沙良さんですが、歌が下手という情報もあります。

本職が女優なので歌が上手い下手はそこまで関係ないですが、気になったのでそのあたりのことを調べてみました!

それと南沙良さんの演技力、ポッキーのCMの評価も併せてどうぞ!




南沙良の歌は上手or下手?

ではさっそく南沙良さんの歌が上手いか下手かについて調べてみました。

ネットで検索すると南沙良さんの歌は下手という意見が圧倒的に多いです。

ではそう言われてしまう理由はなぜでしょうか。
まずTwitterで「南沙良 歌」で検索をかけてみました。

とけっこう南沙良さんの歌が下手というツイートが多かったです。
一部では、


と擁護するツイートもありますが、全体的には南沙良さんの歌声は不評でした。

この歌声が不評なのはどうやら「午後の紅茶」のCMから来ています。
そのCMがこちらです!

たしかに歌手としてのレベルだと厳しい感じはしますね。

出だしのトーンも微妙ですし、音程も安定していないです。

ただ、すごく下手か??と言われるとそうとも言えないです。
女優としてはまあアリなんじゃないでしょうか。

声質も悪くないですからね(^_^)

 

この投稿をInstagramで見る

 

南沙良(@lespros_sara00)がシェアした投稿

まだまだ若いですし、歌唱力は伸ばそうと思えばボイトレなどで伸ばせますからね!




南沙良の過去出演作からみる演技力は

南沙良さんの歌唱力はさきほど書きましたが、次は本職の演技力について調べてみました。

現在18歳の南沙良さん。かなり若いですよね。

女優デビューは2017年に映画『幼な子われらに生まれ』しています。
そしてこの作品で受賞は逃しましたが、第60回ブルーリボン賞新人賞にノミネートされているんですよね。

翌年の2018年には映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』でなんと映画初主演を果たします。

この映画では吃音症をかかえる女子高生役という設定でしたが、鼻水を垂らしながら号泣する演技には多くの観客や批評家から絶賛が起こりました。

その証拠に

第43回報知映画賞新人賞
第33回高崎映画祭最優秀新人女優賞
第61回ブルーリボン賞新人賞
第28回日本映画批評家大賞新人女優賞(小森和子賞)

と4つの新人賞を受賞しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

南沙良(@lespros_sara00)がシェアした投稿

外見が良いだけではこういった賞はもらえません。

南沙良さんの演技力には高い評価が与えられています。

しかも2021年2月の時点でまだ18歳です。
末恐ろしい女優が誕生した瞬間です!

2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に、源頼朝と北条政子の娘・大姫役で出演予定なのも納得です。




ポッキーCMの評価と

次は南沙良さんが出演したポッキーCMでの評価です。

宮沢りえさんとの共演でも話題になったCMです。

南沙良さんは娘役として出演。


自然体の演技で宮沢りえさんに負けてないですよね!

ポッキーのCMでは南沙良さんが可愛いという意見が圧倒的に多かったです。

演技力は映画やドラマでもともと評価されていますし、このポッキーのCMでは素材としての良さも評価されているのがファンとしたら嬉しいですよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

南沙良(@lespros_sara00)がシェアした投稿

インスタを見ていても、派手な女優というよりは控えめでかつ存在感がある女性という感じがします。

主役でも脇役でもその役を最大限生かして観るものの目を奪うのが南沙良さんの魅力ではないでしょうか。




まとめ

今回は南沙良さんの歌唱力と演技力を中心にまとめてみました。

監督からも信頼されているように、今後の日本映画界をも背負っていきそうな逸材だと思います。

また、年齢も忘れそうですが若干18歳ですよ!それであの演技力はほんとうに素晴らしいです。

南沙良さんの出演予定の作品が待ち遠しいですよね!
今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!




ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。
関連記事