雑記

山崎55年の購入方法と抽選期間は?300万という価格の理由と転売対策についても

『山崎55年』サントリーシングルモルトウイスキーが話題になっています。
2020年(令和2年)6月30日に発売される『山崎55年』は、数量100本限定で、

その販売価格はなんと

300万円!??!!

税抜きで、消費税だけでも30万円ですよ。
消費税だけで旅行行けるやん。

『山崎55年』とは

『山崎』ってウイスキーの名前は良く聞くと思いますが、山崎蒸溜所(大阪府島本町)のモルト原酒だけでつくられたウイスキーで、日本国内のみならず、海外でも非常に人気が高まっています。

今回の『山崎55年』は、名前の通り、酒の年齢は酒齢というのですが、55歳を超える長期間熟成したモルト原酒のみを使った、めちゃくちゃ貴重なものです。
新たに作ると55年かかるってことを考えると、300万円って価格は当然かな?

今までは、最高酒齢のウイスキーは『山崎50年』だったので、5年更に熟成。
700mlで価格は100万円。
この5年で価格は3倍になってるんですね。
熟成したらどのように変わるんやろうか?

製品概要
サントリーシングルモルトウイスキー
『山崎55年』

数量:100本
価格:3,000,000円(税込3,300,000円)
容量:700ml
度数:46%

モルトウイスキーは、麦芽(モルト)を発酵させ、単式蒸溜器(ポットスチル)で2回蒸溜し、木製の樽で熟成したウイスキーです。
風味の個性が強いためラウド(声高な)スピリッツと言われています。
「原酒」とは、ブレンドやヴァッティングを行う前の、樽から出されたままのウイスキーのことです。

山崎50年はテイスティングできたが、山崎55年は?

実は山崎50年は、15年ほど前に山崎蒸溜所でテイスティングカウンターを設けていたそうです。
まぁ、もちろん有料なんですが、15mlで5,000円。

高い!って思いますが、本来の価格計算すると『山崎50年』は、1mlで約1,428円なので、15mlというと2万円を超える計算!!
残念ながら今はテイスティングされています。

『山崎55年』についても現在は行う予定はないとのこと。
残念。

現在は、酒齢の高いウイスキーは『響30年』『山崎25年』『白州25年』など約30種類を提供されています。
ここで、利益を出すのが目的ではなく、ウイスキー歴史や製造などの紹介し、ファンを増やすのが目的なんだそうです。

『山崎55年』の買い方

限定100本、1本300万という希少ながらも、庶民には手が出せない『山崎55年』。
では、実際にどうやって購入するかを説明させていただききます。

・応募方法
サントリー山崎サイトより申込みを行ってください。
応募ページが殺到することもあるので、先着ではなく、抽選となるので急ぐ必要はなさそうです。

http://suntory.jp/YAMAZAKI55/

・応募期間

2020年(令和2年)2月5日(水)9:00

~2020年(令和2年)2月14日(金)8:59

の2週間の間に申し込みます。

●注意事項
・先着ではなく、抽選となります。
・商品のお届け先は日本国内のみとさせていただきます。
・商品にお客様の氏名(ローマ字表記のみ)が印字されます。また、社名・店名等の印字はできかねます。
・2020年2月下旬より順次、ご応募の際に入力いただいたご住所に当選通知および氏名の印字内容確認書を郵送にてご連絡いたします。
・当選の権利を転売することは固くお断りいたします。転売を発見した場合、当選を無効とさせていただきます。
・商品の転売・小売販売を目的としたご購入は固くお断りいたします。・お支払いは一括払いにて、銀行振込またはクレジットカード決済のみとなります。

・応募・抽選に関するお問い合わせ先
サントリーキャンペーン事務局
電話番号 03-3533-7874(有料/オペレーター対応)
受付時間 9:30~17:30(土・日・祝日を除く)
※2月5日(水)以降のご対応となります。予めご了承ください。

まとめ

衝撃の価格のサントリーシングルモルトウイスキー『山崎55年』。

55年と、自分が生まれる前に作られたウイスキーっていうのは不思議ですね。
熟成された、味がそんなに違うのか気になるところ。
気になる方は是非、ご購入を~感想だけ聞かせて欲しいな。

ウイスキーファンの為に、商品には全て購入者の名前がはいります。購入者としては記念で嬉しいし、転売対策にもなりますよね~。

ウイスキーって普段はあまり飲みませんが、太らないという情報からハイボールを意識して飲むようにしています。

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。
関連記事