グルメ

【千代田区】東京都有楽町の添好運(ティムホーワン)では世界一安いミシュラン点心が味わえる人気店

ミシュランって聞くと行かねばならん。
しかも、世界一安くミシュランの味が楽しめるといわれる添好運 日比谷店(ティムホーワン)は、いてもたってもいられなくなり。

1人でやってきましたが、夕食には少し早め、雨の日など良い条件が重なって行列は少なめなので並ぶことにしました。

日比谷シャンテというビルの1階にお店があり、行く時の目印は有名なゴジラの像。

添好運 日比谷店(ティムホーワン)とは

ホームページからの引用ですが、

美食の都、香港でミシュラン一つ星に輝く香港点心専門店で、4年連続でミシュラン3つ星を獲得したフォーシーズンズホテル香港の広東料理店「龍景軒」の点心師を務めたMak Kwai Pui シェフが、パートナーのLeung Fai Keung シェフと共に「よりカジュアルに、日常的に本物の味を」という想いから独立して2009年にオープンしたお店です。

ミシュランって言うとどうして庶民が食べれない価格設定ですが、ティムホーワン(添好運)は日常的な料金で一流ホテルの味を楽しむ事ができるレストランとして、2010年にミシュラン1つ星を獲得したんです。

添好運 日比谷店(ティムホーワン)が、世界一安いミシュランと呼ばれる理由は、メニューの全てが1品380円から1,000円以内なんです。

点心はすべてお店ごとに職人の手作りで、蒸物、揚物、米粉春巻き、粥、ちまき、野菜、デザート等を提供されています。

ただ、これはあくまでも香港の本店がミシュラン1つ星。

こちらのお店は

ミシュラン1つ星の味が楽しめるってことでご理解下さい。
僕も勘違いして、あとから気づきました。

そして、並び始めるんですが外の行列は8名。

中にも数名待っていますが、奇跡のタイミングです。
という訳で最後尾へ。

20分ぐらいして案内される!!
普段なら1時間ぐらいざらみたいなんでほんとタイミングが良かった。
店内はかなり広めで明るくって、多くの職人が点心を作っており活気がありますね。
基本的には2人テーブル、4人テーブル、6人テーブルずらーっとあって、全部で84席あります。
そして、席と席の間がかなり狭くってちょっと隣のお客さんとの間が狭いかな。
どっちかと言えばフードコート的な雰囲気かなぁ。

添好運 日比谷店(Tim Ho Wan / ティム・ホー・ワン) の店舗詳細情報

名称 添好運 日比谷店(Tim Ho Wan / ティム・ホー・ワン)
住所 東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館 1F
電話番号 03-6550-8818
営業時間 11:00~23:00
定休日 年中無休
サイト http://timhowan.jp
https://www.facebook.com/TimHoWanJapan/
https://www.instagram.com/timhowanjapan/

関連ランキング:飲茶・点心 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

添好運 日比谷店(Tim Ho Wan / ティム・ホー・ワン)のメニュー

【蒸点心】

7種野菜の蒸し餃子 480円
海老とニラの蒸し餃子 580円
海老の蒸し餃子(ハーガオ) 580円
ポークと海老の焼売 580円
マーライコウ 480円
湯葉巻きオイスターソース蒸し 580円
スペアリブの豆鼓蒸し 580円
鶏足の香港式煮込 アワビソース 580円
ポークのワンタン 香辣黒酢 580円
陳皮入り牛肉団子 680円

【ベイクド】

チャーシューパオ 580円

【焼点心】

大根餅 480円

【揚点心】

海老の湯葉春巻  680円
キノコと筍の揚げ春巻  580円
茄子の海老団子揚げ 580円

【粥・蒸飯】

塩豚のお粥 ピータンと塩卵入り 480円
スペアリブの蒸しご飯 680円
鶏肉と生姜の蒸しご飯 580円
牛挽肉と卵の蒸しご飯 680円
蓮の葉ちまき 780円

【ライスロール】

チャーシューのチョンファン 680円
海老と黄ニラのチョンファン 680円
牛挽肉のチョンファン 680円

【茹点心】

温レタス 480円
温菜 580円

【デザート】

キンモクセイとクコの実ゼリー 380円
ミルクフライ 480円
本日のココナッツミルク タピオカ入り 480円

※価格は税抜き価格です。
※お会計時に席料(お茶代含む)10%を頂戴致します。

点心1品1品は安いが、しっかり手作りで作りこまれおいしすぎる

メニュー表は料理の写真が全て掲載されてて分かりやすい。

分かりやすくって、みんなでシェアする場合なんかに何個入りかも把握することが出来ます。

注文方法も間違えがないように、メニューと金額が書いてある伝票に自分で個数を記載するタイプ。

人気のものは事前に調べ済み。

ほとんどのお客さんが注文している人気ナンバー1の『チャーシューパオ(580円)』
『大根餅(480円)』『海老と黄ニラのチョンファン(680円)』もこのお店の名物。
個人的に気になった『茄子の海老団子揚げ(580円)』
そして、点心に合うドリンクはやっぱり『コカ・コーラゼロ(380円)』

店員さんに伝票を渡して注文。

テーブルには温かいプーアル茶の入ったポットが置いてあるので、ドリンクを注文しなくても全然オッケー。

味は、、、ちょっとクセがありますが、脂分を分解するといわれているので、点心には向いていますよね。言い訳して、安心して食べることが出来ます。

厨房は常に慌しく職人が動いているので料理が来るのが早い!!
あれよあれよと机の上に料理が並べられてきます。
食べるのが忙しすぎる。

最初に食べるのはチャーシューパオ。
小ぶりなパンのようなものが、3個1皿でやってきました。

これって何かというとメロンパンなんです。

少し違うのはメロンパンの中に甘辛い餡が入っている料理で少しキワモノ感はありますが、1番人気のメニューです。

一口食べるとサクサクっとした、本当に甘いメロンパン。
中の餡はチャーシューがゴロゴロっと入っている甘辛い味付けで、メロンパンの甘みと程よい塩辛さが、なかなかのバランス。

他では食べたことのない複雑な味に驚きでした。
1人で一気に3個食べたので、少し飽きてきましたが、シェアして1個食べるとかやといい感じ。思い出すと、また食べてみたいってクセになる味や。

 

大根餅って良く中華料理で名前を聞いていましたが初めていただきます。
角切りの餅が3個つんであるんです。

大根が餅?って思ってしまいますが、大根が細かい千切りのような状態で練りこまれて得て。大根の程よいシャキシャキ感と干しえびの食感と旨みがあります。


甘みがある餅をちょっと想像してたんでちょっと違ったけど、味はおいしい。
程よいもっちり感でしたが、餅って感じではなかったなぁ。

 

個人的にはこれが一番のお気に入りの海老と黄ニラのチョンファン。

春巻きのような見た目ですが、真っ白な米粉の生地につつまれたもので、テーブルに持ってきてからタレをたっぷりかけてくれます。
箸でつかむと、生地がやわらかくって崩れてしまいそうな感触。


口に入れるとつるつるもちもちの食感って言ったらいいのかな?
中にはプリプリの海老が入っており、黄ニラの食感も心地よく。
何より、黒酢ベース?の酸味は抑え気味のタレがめちゃくちゃおいしくって、エビとの相性も抜群でした。

 

茄子の海老団子揚げは大好物の茄子の料理やったので注文したけど、海老かぶりしてました。

それはさておき、茄子のスライスの上に海老のすり身がのっている絶対においしい一品。
油で調理された茄子はおいしすぎますからね。
たっぷりタレがかかっていますよ!海老と黄ニラのチョンファンと一緒かな?

これが、茄子が絶妙の柔らかさ食感になってて、これだけでもおいしいし、海老もすり身になって、柔らかいが程よい食感、海老のおいしさが広がって、味はほぼ想像通りで優秀です。

コーラが点心にはよく合うなぁ。

ノンカロリーやで安心!?

知らなかったのは席料10%が別にかかるってこと。
プーアル茶とかの料金も含まれてるんですね。
メニューにお茶がないのでデフォルトで飲めるからみたい。

この時は、2,700円の金額に対して、別途席料10%で270円。消費税8%で235円がかかってくる感じですね。

世界一安いミシュランがそこそこの価格になってしまいましたが、それもまたオッケー!
1人で食べる満腹で、、、、大満足!!

○まとめ
かなり回転の良いお店なんで、行列が長くっても思ったほど待ち時間はないかと思います。
いろんな意見があるとは思いますが、味はどれもおいしくって金額に対しても満足感ありますよ。
メニューも多いのでいろいろ食べたい時はシェアするのに3人で行くのがベストかな。
ほぼ3個から4個づつ入ってるし、1人で行くと1皿食べると結構腹にきますからね。
ちなみにゆっくりするにはちょっと慌しいお店です。

ちなみに帰る時には30人以上の行列に!?

並びたくない時はテイクアウト窓口もあるのでそちらからいかがでしょう!

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。