グルメ

【那覇市】牧志公設市場近くの老舗お菓子屋の松原屋製菓でさーたあんだぎー

那覇一番の繁華街の国際通りにやってきました。
人がいっぱいで、いろんなお店が並んでおり、見て歩くだけでも楽しい。
沖縄のスイーツの大定番と言えば、さーたあんだぎーですよね。
どこで買っても安いし、おいしいしで見かけるとついつい購入してしまいます。
中でも国際通りから一本入った、人気の牧志公設市場の市場通りにある老舗お菓子屋の松原屋製菓。
アーケードになっており、雨が降っても気軽に買い物ができるのがこの通りの良いところ。

松原屋製菓について

真っ赤な看板が目印の松原屋製菓は遠くからでもよく目立ちます。
間口の広い屋台のような売り台には果物や野菜じゃなくって、お菓子がところ狭しと並んでいます。まんじゅう、ロールケーキ、マーブルケーキ、バナナケーキ、どらやきなどなど和洋菓子が入り混じっており、種類が多すぎてまったく理解できません?!

そしてやっぱりメインとなるさーたーあんだぎーがスペースを占めて大量に並んでいます。
さーたーあんだぎーは沖縄県の揚げ菓子の一種で、首里方言で、サーターは砂糖、アンダーギーはアンダ(油)+アギ(揚げ)+語尾を伸ばすことで「油で揚げたもの」という意味になります。
その名の通り砂糖を使用した生地を用いる球状の揚げドーナツというのがさーたあんだぎーの語源です。

いろんな種類があり、何よりおどろくのが1個1個の価格の安さ。
白糖、黒糖、べにいも、バナナ、かぼちゃ、ごま、パイナップル、シナモン、コーヒー、抹茶ミルクなど多彩な味が並んでおり、どれでも60円というのも嬉しいです。最近では100円ぐらいする店も多いですからね。
さーたあんだぎー大というかなり、大きいものもあり、1個が300円という価格設定でした。

個人的には白糖がシンプルで好きですが。
1個から買えて価格も安いので子供らのおやつにはぴったりですね。
他にはポーポーやナントウと呼ばれるなじみのないお菓子なんかもあります。
お客さんも次から次へとやってきて大量買いしていく人も多いです。

松原屋製菓 店舗詳細情報

名称 松原屋製菓
住所 沖縄県那覇市松尾2-9-9
電話番号 098-863-2744
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休
サイト なし

関連ランキング:スイーツ(その他) | 牧志駅美栄橋駅安里駅

沖縄スイーツはコスパの良いザクザク食感のさーたあんだぎー

このお店のさーたーあんだぎー1個1個のサイズが握りこぶし大でボリュームがあります。
一口いただくと甘さは強めで、表面はクッキー生地のようにザクザクした食感で、揚げてあるので油感をしっかり感じます。
なかはちょっとパサパサしてたので水分が必要になってきます。


さーたあんだぎーはお土産にぴったり10個入りでも、700円ぐらいでしたし、10日ぐらいは日持ちするのもありがたい。
しいて言えば糖質、油はなかり多いやろなぁ、、、、ダイエット向きではありません。

接客は機械的というかそれほど良いことはありませんが、まぁそれは市場というかこのような店らしいな~って思います。

さいごに

牧志公設市場の市場通りにある人気のさーたあんだぎーで1個60円は本当にお得です。なかなかお持ち帰りしにくいお菓子ですが、お土産用に10個入りのものもあることから重宝します。食感もクッキードーナツのようなざくざくした食感が楽しめるのでオススメです。
お菓子の種類も多いので、楽しみながら買い物をすることができました。
さっきも書きましたが、店のおばちゃんの態度がそっけないので気にしないように。

 

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。