旅行・お出かけ

【糸満市】沖縄県の戦争最前線ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館で悲惨さを学ぶ

沖縄に来たらひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館は見ておいた方が良いということで行くことにしました。沖縄県南部の糸満市にある施設で、車で国道331号を南下して40分程度のところにあります。

話には聞いたことのあった施設ですが、たらひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館がどのような理由であるのか、そして、戦争などについては深く理解をしていないので、実際はどんなものかを知る機会になりました。

【たらひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館 目次】

ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館の駐車場は

何も下調べせずにひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館を目指したのですが、駐車場に関してはそれほど心配する必要はないようです。

施設の左右と前には大型の無料駐車場があるのでどこかに駐車することはできると思います。


ただし、土産物屋さんが運営しているみたいなので、お土産はそこで買うようにして下さいね。

施設前には、献花売り場があり前を通ると凄い勢いで声をかけてきます。
もちろん買って備えるのも良いですが、押し売り感を強く感じますので各自で判断してください。
お花一束200円です。

こちらが、ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館の施設案内でそれほど大きな敷地ではありません。

ひめゆりの塔とは

第二次世界大戦中、唯一国内で地上戦が繰り広げられた沖縄では、米軍の攻撃によって多くの人が命を落としました。
当時沖縄師範学校と沖縄県立第一高等女学校に通っていた、女学生222名は、沖縄陸自病院に動員され、負傷兵の治療を行い、沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒の為に、翌年1946年にひめゆりの塔が建立されたそうです。
ひめゆりの由来は、沖縄県立第一高等女学校を「乙姫」沖縄模範学校女子部を「白百合」と言われており、両方の名前を合わせて「姫百合」と名付けられ、ひらがなで「ひめゆり」と使うようになったそうです。

てっきり奥の一番大きな石碑がひめゆりの塔かと思っていたら、慰霊碑で手前の石碑の右側から2番目のものがひめゆりの塔だそうです。
また、写真には撮影していませんが、ひめゆりの塔と慰霊碑の間に洞窟があります。沖縄では洞窟や壕のことを沖縄の方言で「ガマ」と呼んでおり、そこにはひめゆり学徒を含む病院関係者や住人などおよそ100名がいたそうです。
解散命令後の6月19日に米軍のガス弾攻撃を受けて80人余りが亡くなられたという悲惨な現場だったそうです。
想像するだけで恐ろしくなってきます。

ひめゆり平和祈念資料館とは

ひめゆり平和祈念資料館は、その「ひめゆりの塔」に隣接して1989年に開館した資料館で、ここからは写真撮影が禁止となっています。

【ひめゆり平和祈念資料館入館料】

入館料
大人 310円
高校生 210円
小・中学生 110円

沖縄戦に看護要員として動員されたひめゆり学徒隊の戦争体験を伝えるために、ひめゆり同窓会が設立しました。沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒227名の遺影や遺品、生存者の証言映像や手記が展示されています。

全部で6つの展示室に分かれています。

第1展示室「ひめゆりの青春」

戦争に対する「教育」がいかに大切かを物語る場所です。
生徒たちの誰もが、当時の教育(軍国主義、皇民化教育)を信じていました。かつての教育がどれほど怖いものだったのかを、資料を通じて伝えています。

第2展示室「ひめゆりの戦場」

負傷者の看護要員として動員された240名が配置された、沖縄陸軍病院の様子が展示されています。当時の医療器具や戦場に携えていった品なども展示。

第3展示室「解散命令と死の彷徨」

実際の生存者の証言映像を椅子に座りながら見ることができ、突然の「解散命令」が出され、戦場に学徒たちが放り出されどのように生き延び、どのように亡くなっていったかが言葉で語られています。

第4展示室「鎮魂」

沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒と教師の鎮魂の空間で、壁面には亡くなった227人の遺影がかけられており、いつどこでどのように亡くなったかまで掲示されています。また、生存者の証言集は生々しい、戦争の悲惨さが伝わる内容です。

第5展示室 「掲げられた未来へのメッセージ」

ペンと紙が用意されおり、展示を見て、感じたことを記すことができます。

第6展示室 「平和について語りあう空間」

戦争を伝え、平和への取り組みなどが紹介されております。

 

全てを見て理解しようと思うと、丸1日いても見入ってしまうほどの資料・展示です。
今は何不自由なく暮らしていますが、戦争の時代は理不尽で命の偏った考え方、何も正しくないことなど。

解散という言葉の悲惨さは、本当にいろいろ考えさせられる場所でした。

写真を撮影しなくでも頭の中には刻み付けることが出来ました。

あまりブログ上では詳細は書けませんが是非とも自分の目で見て感じてみてください。

こちらはひめゆり学徒の像です。

■ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館
住所   沖縄県糸満市字伊原671-1
営業時間 9:00~17:30
入場料  ひめゆりの塔は無料
定休日  年中無休
サイト  http://www.himeyuri.or.jp/JP/top.html

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。