グルメ

【亀山市】三重県の誇るB級グルメのみそ焼きうどんがコスパ良く食べられるびっくりや

地方にはB級グルメがあって、亀山市には三重県の誇るみそ焼きうどんがあります。
亀山市内には多くのお店があり、特に亀八食堂が圧倒的な知名度を誇っていますが、ここ数年破竹の勢いで人気になっているのがびっくりやです。
亀山市の関市にあり、鈴鹿峠に向かう途中にお店があります。
お店にシンプルにびっくりやと書かれた看板がインパクトありまくり!!

びっくりやとは

びっくりやは創業50年余りの歴史あるお店で焼肉、みそ焼きうどんを食べることが出来ます。
お店は国道1号線沿いにある昔ながらのトラッカーの立ち寄る焼肉屋の雰囲気です。
存在は知っていましたが、なかなか普通には行きにくい雰囲気を感じてましたが、某テレビ番組に取り上げられてから大ブレイク。

個性豊かな4兄弟が営むお店で、なんとも個性があってファンになってしまった~。
特に次男 治さん、四男 栄治さんは最高のキャラで絶対に合いたい!できれば記念撮影を一緒にしたかったぐらいです!!

だだし、露出は増えて超行列店となって来店ハードルは高くなってしまいました。
特に土日は1時間以上の待ちもあるそうなのでなかなか行くことが出来ませんでしたが、平日の夕方に近くを通るので寄ってみることにします。
天気は雨で客足もにぶってたこともあり、広い店内にはお客さんが1組。
めっちゃ運ええなぁ~念願のお店に来れました。

店内は、昭和の雰囲気を感じさせるザ・食堂。焼肉屋って雰囲気です。

駐車場側はテーブル席で、奥が座敷があり、4人座敷が8つと6人テーブル跡3つと全部で50席ほどあり広い店内で、座敷は鉄板焼きで焼肉とみそ焼きうどん両方が食べれますが、テーブル席は網焼きで焼肉のみとなっています。

名物みそ焼きうどんを食べたければ座敷必須ですよ。

鉄板は使い込まれたぶ厚いタイプで、下からガスコンロで熱します。

この鉄板って横から見てのとおり、鉄の板でまわりがフチになっていません。

これもどうやって焼くかは注目です。

店内にはまんが本がありますが、めちゃめちゃ読み込まれた感があるんですが、多分、焼肉の脂で変色しているんでしょうね。なんとも良い雰囲気です。

ちなみに駐車場は何の心配もいりません。。。。。

さすがトラッカーの集まるお店だけあって未舗装の駐車場は。
左を向いても

右を向いても

とにかくだだっ広い!?
トラックでも何十台も駐車できますよね。

びっくりやの店舗詳細情報

名称 びっくりや
住所 三重県亀山市関町新所1462
電話番号 0595-96-0278
営業時間 [月~土]9:00~23:00
[日]10:00~21:00
定休日 不定休
サイト なし

関連ランキング:焼肉 | 関駅

びっくりやのメニュー

【メニュー】

目玉焼 310円
うどん 370円
月見うどん 420円
お茶漬 470円
親子丼 570円
玉子丼 470円
納豆 160円
冷奴 210円
キムチ 210円
漬物 210円
センマイ 450円
豚ホルモン 450円
豚上ホルモン 570円
牛ホルモン 650円
レバー 470円
心臓 520円
豚ロース 620円
豚バラ 620円
牛ハラミ 730円
鶏肉 520円
牛タン 730円
上みの 680円
牛カルビ 730円
ロース 730円
豚汁 310円
みそ汁 160円
めし小 150円
めし中 190円
めし大 210円
うどん玉 160円

【ドリンク】

ビール 550円
缶ビール(ノンアルコール) 350円
缶ビール 350円
缶チューハイ 350円
缶ウーロンハイハイボール 350円
いも焼酎 370円
焼酎 310円
酒二級 350円
酒一級 400円
冷酒 470円
にごり酒 400円

少し辛口のタレで食べるB級グルメみそ焼きうどんはおいしすぎる

びっくりや初心者なので何から注文して良いのか分からず、次男の治さんに家族みんなやとどれぐらい注文したら良いですかね?って聞くと、丁寧に教えていただいて

「5人やでとりあえず5人前にしとこか」とみつくろってくれて、「鶏肉(520円)」、「豚バラ(620円)」、「牛ハラミ(730円)」、「牛カルビ(730円)」、「牛ホルモン(650円)」、あとはもちろん「うどん玉(160円)」を注文しました。

待つこと数分。。。。
さっそく治さんが熱した鉄板の上に無造作に山盛りキャベツと肉を投入。

肉はタレで味付けされたものが下にうまっているのでどんな肉かは見えません。

一緒にタレをかけたうどんも。

ちなみにこのお店では、お客さんが焼くのに手を出しません。
全て調理してくれるのであとはお任せです。

キャベツで肉を蒸し焼きにしていく感じですね。

このフチのない鉄板でどうやって焼き上げるかは注目です♪
キャベツの水分と肉汁があふれ出てきます!!!

と思ったら、キャベツもぽろぽろこぼれ、水分は灰皿でキャッチ!

うん!!最高です!!

あとは、少しキャベツに火が通ってきたら、うどんを投入。

肉とキャベツをしっかり絡めて焼いてきます。
そして、みそ焼きうどんの完成です。

めちゃくちゃうまそうなんですけど・・・。

さっそく、、、亀八丼ならぬびっくり丼完成です。

これ絶対うまいやつやわ!!
さっそく一口~ここのみそタレは少し辛目の味付けなので、しっかりタレを付けすぎないぐらいが好みです。

ビールを飲む人には多分ちょうどいいぐらいかな。
いや~うますぎ!!
このみそ焼きうどんってのは、個人的に画期的な料理かと思います。
肉はそれほどなくっても、うどんがご飯のおかずになりますから。
何より、このカルビのクオリティの高さに驚きました。1人前はそれほど高くないけど、柔らかくって脂の甘みがしっかり味わえます。基本は和牛ですが、松阪牛が入ることもあるんだとか。

ハラミはやわらかくって、簡単に噛み切れる。
カルビに比べるとほどよく
ホルモンはぐちゅぐちゅして、脂の甘味が最高にうまい~かなり良いホルモンかと。
辛口のタレですが、肉汁で絶妙な味になりますよ。
鶏肉はジューシーで豚バラは脂ギッシュで旨みがうどんにも染み込んでおいしくなっています。

やっぱりこの味にはご飯を追加追加でした。

治さんの絶妙の肉の配分でした!!!
想像を上回るおいしさでした。

うどんは焦げついていますが、子供らとその部分も食べてしまってました。

もっとたべたいかなぁと思いつつ。

入り口には三重県の誇る朝日屋のカレンダー。
朝日屋の肉なら間違いなよなぁ。

注文票は真っ白な紙にオール手書き!

念願の次男 治さん、四男 栄治さんに出会えました

今回は次男の治さんが接客調理していただきました。

マイペースとの紹介でしたが、しっかり焼いて他のテーブルなども合わせて対応してくれて働き者でしたよ(笑)注文の量もちょうど良く提案してもらっていい感じ。
テレビの影響もあって、土日は本当に大変らしいですよ。
あと、噂の四男の栄治さんは、テレビそのままの無駄のないスピーディーな動き。

どこかで気配を感じているかのような、俊敏な振り向きなどまったく隙を感じさせません。

鋭い眼光でまわりを見回していますが。
ごちそうさま~っていうとにこやかな笑顔をしていただきました。
ファンになるわ。
あ!えいじさんって呼ばれているけど、ひではるさんなんですって。

まとめ

とにかく肉のクオリティの高さは本物でめちゃくちゃおいしいです。
しかも家族5人でたべたにも関わらず、4,000円弱という価格に、名前の通り「びっくりや」ですよ。
肉の値段に山盛りのキャベツ値段も含んでいるようですね。
お店の雰囲気、噂の4兄弟さんの雰囲気も含めてめちゃくちゃ良いお店。
結局、団体さんが来て忙しそうで写真撮影をお願いできなかったのが残念。
もぉ、完全に芸能人ですね。
このお店めっちゃ好きになりました。

通し営業をしているので中途半端な時間か、平日土用は9時からオープンしているみたいなんでねらい目かも!!これを朝食で食べれたらテンション上がること間違えなし。

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。