アウトドア・スポーツ

【加計呂麻島】自然しか無い加計呂麻ブルーの海をのんびりカヤッキング

奄美大島からフェリーで渡ってきたのは秘境加計呂麻島。

奄美大島の下にある加計呂麻島は自然豊かな地域でほぼ開発されていません。

加計呂麻島は実はカヤックのメッカなんです

実はこの島はカヤッカーの憧れの地でもあり、毎年7月には奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻大会が開催されており、シーカヤック競技としては国内最大規模の大会で、日本全国から多くのカヤッカーが訪れるそうです。

鹿児島県の奄美大島の南に位置する瀬戸内町で、奄美大島と加計呂麻島の間にある大島海峡をメインステージとして開催されます。

魅力は、透明度を誇る大島海峡は水深が比較的浅く、海底にはサンゴ礁。

レースは古仁屋港を出発点に本島沿岸をなぞりながら加計呂麻島へと渡るコースで、最長のマラソンコースで約36km。

36kmという距離には想像もつきませんが、、、

他には、ハーフコース、マラソンコースを4人1組で漕ぐ駅伝コースなんかもあり、体力に合わせた参加が出来ます。

いや~めちゃくちゃ達成感ありそう!!!!

残念ながら、今年は台風の影響により中止になったそうですが、僕も一生に一度は参加してみたいなって考えております。

加計呂麻ブルーの海へ漕ぎ出します

この時に宿泊した宿は海まで5マイルの名前にふさわしい、宿を出て2秒ぐらいで海に到着する好立地なんです。完全にプライベートビーチでめちゃめちゃ贅沢。

その海は本当にキレイで、鮮やかなブルーは加計呂麻ブルーと呼ばれており人気です。

この宿を選んだ理由に、置いてあるカヤックを自由にのっていいとのことで、朝食を済ませて、砂浜から夢であった加計呂麻の海に漕ぎ出します。

暑すぎず寒すぎずめちゃくちゃ気持ちいい♪


出艇した浜は透明度は高いですが、感動するほどではありません。

もくもくと漕ぎ進んでいくと、、、
そこから、一つ先の小さな岬を越えるとガラリと変わる!

そして、もぉ一つ先の岬を越えるとまさに加計呂麻ブルー。

エメラルドグリーンのようなこの色はどのように形容したら良いものか。

今まで見たことのない海の色です。
凄く透明度が高くって、底まで見える。

 

無造作にカメラを水の中に入れると始めての光景!!

 

小さな魚が群れで目の前を通っていきました。


夏ならシュノーケリングなんかしたらめちゃくちゃ気持ちよくって楽しいやろぉなぁ。

ああ。いい天気。

実はシットオンカヤック初めてなんですが、太っていると体制を維持するのがめちゃくちゃ大変で、腹筋がプルプルになってました。

慣れたカヤックでがっつり漕いでみたかったなぁ。

いつか奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻大会に戻ってくることを誓います。

https://sk-amami.com/

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。
関連記事