旅行・お出かけ

【石垣島】米原ヤエヤマヤシ群落はまるでジャングルを歩いているかのような感覚

石垣島を一周してまわっていくルートですが、お昼ぐらいに米原ヤエヤマヤシ群落の看板を発見。
この周辺で食事をしようと、道を入っていってみると駐車場周辺に3店舗ほどの飲食店があります。
昼食食べれるなぁ~って見てるとフルーツジュースなどのスイーツ系のものしかなく、1件だけ飲食物を取り扱っているお店を発見したものの観光地価格の為にここでは我慢。

さらっと、米原ヤエヤマヤシ群落を見て川平湾へ移動することにします。

米原ヤエヤマヤシ群落の詳細情報

ここ石垣島を含めて八重山諸島はイリオモテヤマネコやカンムリワシなどの絶滅危惧種、天然記念物が多く生息し、ヤエヤマヤシは石垣島と西表島にだけ生える1属1種のヤシの木で固有種で、高さは20mになります。
この天然記念物の米原ヤエヤマヤシ群落は、もっとも大きな群落で150本ぐらいが自生しているんです。
世界で最も美しいヤシといわれているらしくってめちゃくちゃ期待できます!!!


駐車場はかなり大きめで、観光バスが数台駐車できるぐらいのスペースがあります。
逆に一般車は10台程度は駐車できたと思いますし、手前にも駐車できるようなイメージでした。
トイレも駐車場の奥に整備されています。

名称 米原ヤエヤマヤシ群落
住所 沖縄県石垣市桴海546
駐車場 10台程度(無料)
トイレ あり

天然記念物の米原ヤエヤマヤシ群落


入り口には天然記念物 米原ヤエヤマヤシ群落に関する説明。


天然記念物の石碑がたっています。

米原ヤエヤマヤシ群落の地図があるんですが、簡単すぎる。
とりあえず道になみにすすんでいけば良いようです。
ちょっとコケが生えてるのと前まで草がうっそうとしているんで掃除した方が良い雰囲気。


サイクリスト向けのスタンドがあります。
石垣島1周とかをまわっているサイクリストもみえるんでしょうね。
まさかのJTA、RACの寄贈かな?


米原ヤエヤマヤシ群落の見学は自由なので遊歩道に入っていきますが。

入り口からして少しじめっとした雰囲気とうっそうとした空気感がちょっと・・・・。

怖い感じすらしますし、この時期で蚊はいないようでしたが、なんか体がかゆくなってくるような亜熱帯っぽい空気です。

ゆるやかでしっかりした遊歩道が整備してあるので歩きやすいが、それ以外はジャングルに迷いこんだ気持ちになりましたよ。


ヤエヤマヤシの他にもこの森には天然記念物がいっぱい。
虫にしても、植物にしても固有種だらけ。

ここでしか生息しない、イシガキニイニイという幻のせみもいるらしい。


細くなる階段を登ったところが米原ヤエヤマヤシ群落の展望台があり、入り口から5分程度で到着します。

展望台は広いスペースになっており、一見わかりませんでしたが上を見た時にヤエヤマヤシに囲まれていることが分かります。
20メートルクラスの高さの木が存在感を示しており圧巻。

確かにいろんなところで見るヤシの木とは高さが違う、、、見上げた時の葉の間から見える空の光が神々しい雰囲気を感じられました。


こんな葉っぱも生い茂っているのでトロロ風に記念撮影。

おわりに

遊歩道に入るとちょっと空気感が変わってジャングルに迷い込んだような不安感を感じます。
亜熱帯の地域の動植物を見ることが出来るところで、米原ヤエヤマヤシ群落の雰囲気は圧巻ですね。
ただ、世界で最も美しいヤシかって言われると分かりませんね。
夏場になったらジメジメしていると思うので、蚊などの虫対策は必須かと思います。
ドリンク、スイーツ系は充実していますが、食事をしっかりとるところは少ないので、前後で済ませるのがオススメです。

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。