旅行・お出かけ

【子連れ沖縄旅行】GW前にLCCで秘境西表島・石垣島へ家族旅行プラン【3日目】

昨日は西表島の由布島を含めて満喫してきました。
特に水牛車にのって海を渡っていくのが、南の島感を感じることが出来ました。
ちょっとしんみりしつつ、西表島を離れて石垣島え戻ってきました。

それでは西表島・石垣島3日目の旅行プランを紹介します。

【3日目 目次】

実は昨日カヤック体験が出来なかったこともあり、このままでは後悔するってことで、石垣島で短時間で体験できるガイドさんを探して申し込みをすると無事に予約することが出来ました。
天気はこの日もくもり予報でところによっては雨とのことだが、行けるところまで遊び、石垣島を1日で1周して満喫するスケジュールです。


ちょっと怪しげな空をしています。

朝食は石垣島のソウルフード知念商店のオニササ

この旅行で一番楽しみにしていたのが知念商店のオニササです。
お店は商店とついていますが、かなり大きめの個人スーパーという感じで、地元の人や観光客がひっきりなしに入ってきます。
自分でショーケースに入っているフライを取って、ソース等で味付けして、おにぎりをのせて潰して食べるんです。

出来立てのフライっていうのもあるが、温かくってめちゃくちゃうまい!!

これは確かに別で食べるより合せて食べる方がうまくなるわ~。
自分の好きな組み合わせで楽しめますよ。
大満足の朝食でした。他にも惣菜、弁当などありめちゃめちゃ豊富。

急遽、宮良川でマングローブカヤック体験

前日にも関わらずガイドを受け付けていただいたのがみやら川観光エコステーション。
石垣島では最大級のマングローブが林のある宮良川を上流へ漕いでいくことが出来ます。
最初は、漕ぎ方から説明を受けてマングローブカヤックスタート。

マングローブのトンネルなどジャングル感のあるのが楽しくって、何で根っこがこんな形をしているかなども詳しく説明してくれるので勉強になります。
ちょっと体験したい時でも、短いプランもあるので安心。コスパも非常に良かったです。
シャワー、更衣室、トイレ等もきれいで完備しているのでファミリーでも楽しむことができます。

玉取崎展望台から見えるエメラルドブルーの海は絶景です

石垣島空港から程近い人気観光地の玉取崎展望台です。
ここでは、駐車場から舗装された遊歩道をのぼっていくと、川久保半島を望める絶景を見ることが出来ました。

くもりですが、エメラルドブルーの片鱗が楽しめる景色です。
ベンチで海風を浴びながらのんびりするのもよし、遊歩道を歩いてハイビスカスなどの南国の花も楽しむこともできます。

石垣島最北端にある平久保崎からは東シナ海と太平洋が一番

石垣島市街地からは少し遠いが、石垣島最北端にある平久保崎からは迫力のある絶景を楽しむことが出来るので、玉取崎展望台まで行ったら合せていくことをお勧めします。

急な坂道を上った高台からは東シナ海と太平洋が一度に見ることが出来る数少ないスポットで、左右をみまわしてもエメラルドブルーの海を見ることができます。
目の前には平久保崎灯台があり、恋する灯台に認定されているカップルにオススメの観光地です。

吹通川マングローブ群落を散歩


石垣島をドライブ中に発見したのが吹通川マングローブ群落。
島内には大小多くのマングローブ群落を見ることができます。

駐車場はしっかり整備されており、階段を下りるとマングローブ林が広がっています。

規模的にはそれほど大きくはないんですが、他のマングローブ林より砂浜もきれいで絵になります。

このあたりでもカヤック体験を行っているそうなんですが、干潮になると完全に水がなくなったりするので、時間によっては対応できないこともあるそうです。


ここのマングローブの根の張り方が凄くマングローブらしいというかキレイです。
ちょっとここも漕いでいってみたいなぁって思える。

ところどころは干上がっているものもあり、最近では遊歩道で入れないところが多い中でこんだけ近くから見れるのは良いなぁ。
マングローブをバックに写真撮影スポットにもなると思います。
こちらの通川マングローブ群落も天然記念物に指定されているんです。

名称 吹通川のヒルギ群落
住所 沖縄県石垣市石垣島野底
駐車場 10台弱
トイレ なし

天然記念物の米原ヤエヤマヤシ群落を散策

石垣島か西表島にしか生息しないヤエヤマヤシの中でも最大の群落のあるのが、この米原ヤエヤマヤシ群落です。
遊歩道も整備されており、中に入ると亜熱帯のジャングルに迷い込んだかのようなうっそうとした雰囲気に少々圧倒されてしまいました。

展望台からヤエヤマヤシを見上げた光景は圧巻です。ただ、世界で最も美しいヤシといわれているらしくってそこまではよく分かりませんよ。
群落までは徒歩5分程度でアクセスがしやすいのも魅力です。

石垣島の一番人気観光地川平湾はミシュラン・グリーンガイド・ジャポン三ツ星

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンや世界遺産と聞くと興味がなくても、興味わいてきますよね。
今回は絶景の海ということでワクワクしてやってきました。
目の前に無人島があり、船が停留している景色がどんなものかと展望台から見ると

曇っているが噂通りのカビラブルー!!!
めっちゃキレイやな。
途中で小雨がふったけどなんとか見れて良かったよ。
有料駐車場ですが、整備されており、お土産物屋なども充実しています。

地元産食材を使ったジェラートをミルミル本舗本店で食す

偶然看板を発見して、地元産食材を使ったジェラートのお店ミルミル本舗本店へやってきました。
駐車場が大きく、高台にあるお店で、パイナップルをはじめとして、黒糖、島バナナ、島かぼちゃなどの特徴的な材料を使ったジェラート。他にはハンバーガーなどの所持も提供しています。

このお店には目の前に海が眺めることが出来る絶景のテラス席があって、大自然の中で食べることが出来ます。
程よい海風を浴びながら食べるジェラートは絶品でした。

時間があったら繁華街からも近い具志堅用高記念館がおすすめ

実はあまり期待していなかったのが具志堅用高記念館です。

ボクシング自体はそれほど詳しくなく、具志堅用高についてもそれほど良いイメージがなかったが、ここに来て180度考え方が変わりました。
世界チャンピオン13回防衛の記録も凄いが、流れている映像がほんとに強い。
ずらーっと並んでいるトロフィーは圧巻ですね。

夕食は最後の贅沢にきたうち牧場美崎店で石垣牛を食す

石垣市内にはおいしい石垣牛が食べれるお店がいろいろあり、その中でもきたうち牧場は自社牧場で育てた石垣牛を提供しています。
予約をしておいた方が良いってことで予約して来店。

セットメニューが充実しており、お値打ちそうなファミリーセットを注文します。
肉やご飯、サラダ、惣菜などが付いてくるセットでそれだけでもかなりのボリューム。
石垣牛もほどよい霜降りで柔らかくって、あっさり醤油タレとの相性も抜群でした。

食後の散歩や買い物にユーグレナモール


腹ごなしもかねて、日本最南端のアーケード商店街「ユーグレナモール」へ行くことに。
石垣島って思ってた以上に都会と感じたのがここで、松阪にはこれだけの商店街ってありませんし、一体自分はどこにいるんだろうって思ってしまう。
離島という固定概念がありましたが、めちゃめちゃ快適に暮らせる町です。

地元の人の台所である「石垣市公設市場」が1階にあり、

お土産ものならなんでも揃う「石垣市特産品販売センター」が2階にあります。
他にも土産物屋さんが多くって他のところで買わなくても良いなぁって思う。


帰りに見かけたネコの店長。

堂々とお店の前から動きませんよ。

あと、石垣島ではミドリムシブーム!?
朝ミドリムシはじめました!!!
ミドリムシ入りパンだそうです。

名称 ユーグレナモール
住所 沖縄県石垣市大川

デザートは石垣島プリン本店のこだわりプリン

石垣島プリンという、地元産の材料にこだわったプリンを販売している石垣島プリン本舗を発見。

めちゃくちゃ気になるのが普通のプレーンのプリンがありますが、濃厚さとこだわりで420円~650円と値段が大きく変わってくるので気になって、その3種類を食べ比べることにします。
う~ん、、どれもおいしい!!!!
でも、味・金額を考えるとこれかな!!!

石垣島きてまで沖縄本島定番の御菓子御殿の紅いも生タルトを食べる

石垣島のメイン交差点730にある、730COURTのテナントにある菓子御殿が石垣730店を発見しました。
とにかく甘いものを欲していたので早速購入。

普通の紅いもタルトとは違って、ホイップクリームを使った現地しか食べれない紅いも生タルト。
自然な甘さの紅いもにクリームが合わさって濃厚になっておいしすぎる。
石垣島で買えるのはここだけですよ。

HOTEL Mr.KINJO GOLDEN CATSに宿泊

2日連続で沖縄で勢いのあるMr.KINJOグループの宿泊施設施設に‫宿泊です
以前はアパートだったような雰囲気の建物が改装されててめちゃくちゃキレイ。

部屋に入ると大きなベッドが2つあり、ちょっと高さがあって寝てて落ちたら怪我しそう。
キッチン、カウンターなどもあって家族5人では狭いながらもすごしやすい。
めちゃくちゃ清潔感あって、掃除も行き届いていたので快適でした。

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。