アウトドア・スポーツ

【浜松市】お得にハマイチサイクリング。名古屋から新幹線名古屋往復切符で初輪行

ロードバイクに乗り出して、普通にこいでいるだけでは楽しくなくって、何か達成感を味わいたくなってきます。

そんな中でも分かりやすいのが○○イチと呼ばれる、湖や島や半島などを一周するのが人気で、近場では琵琶湖、知多半島、淡路島。他には有名どころでサイクリストの聖地しまなみ街道の縦断などは、達成感を味わうことが気持ちよくなってきました。
近辺で何かできることはないかと考えた時に、比較的少し距離は短いですが、浜名湖を一周するハマイチが候補にあがります。

天気などにより、何度も機会を失っておりましたが、やっと達成するすることが出来ました。

ハマイチを達成する為には

僕の住む三重県からハマイチを達成する為には、浜名湖まで自動車で向かう必要性がありますが、高速で行くことを考えると片道でも「高速料金3,640円(休日割引)+ガソリン代と2時間程度」、下道で行くと高速料金はかかりませんが4時間は見ておく必要があり、時間・お金共に非常に多くかかります。

まぁ、仕方ないかなぁと思っていたところ、なんともお得な方法を教えてもらいました。

自転車をバッグに入れて、荷物として電車に乗って出発地に行く、輪行という方法があり、名古屋までは自動車ですが、名古屋駅から豊橋駅までは新幹線で土日祝日なら往復で2,320円プランです。
なんと、片道じゃなく往復なんです。

では、なんで愛知県の豊橋駅かというと、豊橋市は浜松市に隣接しており、峠を越えると浜名湖という好立地なんです。
が、、、このルートが今回の自分にとっては山場でした・・・・。

名古屋駅から豊橋駅まで新幹線で格安で行けるんです


新幹線名古屋往復切符というプランで、名古屋市内から豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川)間が土日休日なら2,320円(通常4,600円)で2,280円お得!平日なら2,880円(通常4,600円)1720円お得!なんです。

なぜか、土日休日の方がお得なのは名古屋への観光客を増やすためかなぁ。

名古屋駅周辺駅の駐車量は高いので春田駅


「名古屋市内」からのってのがポイントで、名古屋駅周辺なら駐車料金が高いので、名古屋駅の2駅隣のJR春田駅も名古屋市内で乗車料金は変わりません。

名古屋駅に比べて近隣の駐車料金は安く、500円程度なのでJR春田駅からの乗車をオススメします。
ただひとつ欠点は、名古屋に向かう電車なので結構混むんです、、、、大きな自転車を持っての輪行って結構迷惑になるかもしれません。
前の車輪しかはずさないタイプなのでかなり大きいです。

名古屋駅から豊橋~名古屋間の新幹線「ひかり・こだま」号の普通車自由席

名古屋駅に到着し、新幹線乗り場に向かいます。
このチケットは豊橋~名古屋間の新幹線「ひかり・こだま」号の普通車自由席に乗車できるもので、指定席など希望の場合は指定席券を別途必要になるので注意して下さい。

乗車後、一つ問題があります。
大きな自転車をどこに置くかなんですが、席はもちろん、上の棚にもさすがに置くことが出来ません。
乗車したら、新幹線の後部座席の後ろの壁と間のスペースなら十分に置くことが出来ます。
たまに旅行かばんなど大きなものを置いている方もみえるので取り合いです。

豊橋駅へ到着準備

新幹線に乗る時間はほんと短く、30分程度なんですぐつきます。

到着したら、早速広いところで自転車の組み立て開始。
タイヤ、サドルもろもろくっつけて調整します。
どれだけやってもミスしてしまう、常時ブレーキ状態にはならないように。

初の輪行ですが何事もなく準備完了。

いよいよハマイチスタート

さて、それではハマイチスタート。


とりあえず街中を走ってウォーミングアップしつつ浜名湖まで向かいます。
市内ですので仕方ないですが、信号が多いなぁ。

少しづつ町並みが変わってきていよいよ難所の大米峠に突入。
ギアを落として回転数を上げて進みますが、この太った体に坂が一番鬼門で即効で息切れをしだしてゼーゼー限界↓

それほど距離はないんですが、どこまで続くのか分からない不安感もあわせて辛かったぁ。
トンネルが見えた時は喜びましたが、ここで完全に足がやられましたよ。

なんとか登りきって、後はこがずに下り続ける~めっちゃ気持ちいいな。


そんな感じでやっと浜名湖まで到着しました。

最初は国道沿いを走るルートで交通量の多い道。


気をつけつつ進むと、さすが、サイクリングが盛んな地域なので、浜名湖周遊自転車道があります。
やっぱり自転車を気にせずにこげるって幸せですよ。

浜名湖をのんびり見つつ、めちゃくちゃ快適。
天気も良くって楽しいな。

途中で少し休憩し、エネルギー補給のスポーツようかん。


運動するようになって感じるのが、エネルギー不足で、これを食べると随分体が楽になるようにおもいます。

そして、スタート地点の浜名湖を挟んで対面になる舘山寺までやってきました。
浜名湖パルパルの近くで、道路や少し町並みも変わってお店などが多く並んでいます。


ジェットコースターも見えました。

○昼は北留 舘山寺店で浜松餃子を食す

浜松餃子が食べれる店を適当に探してて、北留 舘山寺店に行き着きました。
小さなお店で、麺類、ご飯類、そして浜松餃子が食べれるお店でここがあたりです。
浜松餃子がジューシーでうまい!そして安いんです。


ちょっと食べ過ぎて昼からのこぎに影響を及ぼします。

ちょっと怪しげですが浜松餃子がおいしい北留 舘山寺店
詳しくはこちらの記事をご覧ください

念願のハマイチ達成

満腹になったところでサイクリング再開。

って思いましたが、あまりに満腹なんですぐの公園?で休憩。

サイクリストの為に、スタンドが立っているのもありがたいですね。


浜名湖、観覧車、ロープウェイが見渡せるこの景色は絶景です。
もぉ、このまま自転車乗らずにぼーっとしたい気分になってましたかね。

基本的にはずーっと浜名湖沿いを走るルート。


このような形でサイクリングコースの目印がしてあるのでありがたいのですが、浜名湖北部の道が時おり分かりにくくって間違って戻ることも。

最終休憩スポットは浜名湖SA。


少しコースをはずれますが、自転車でも入っていくことが出来ます。

自転車の休憩所にもなっています。
空気入れや工具なども貸して頂けるので何かあったら助かります。

当初の予定では、豊橋市に戻る予定でしたが、行きにきた大米峠を上るだけの体力が残っておらず、急遽、新幹線名古屋往復切符プランで、豊橋ゾーンに含まれている二川駅に変更し、平坦な道で行くことができました。

距離的には80キロ弱と少し短めでしたが、体力の低下が激しくってかなりきつかったなぁ。
最初の大米峠で足がやられてそれをずるずるひきずりました。

もちろん帰りも新幹線でらくらく輪行

二川駅から豊橋駅。


そこから新幹線で名古屋駅。
名古屋駅から春田駅というルートでしたが、ここが結構混み合って邪魔してたかなぁって思いました。大きいサイズの荷物を持ってって肩身が狭かったかなぁ。
なんと、豊橋にはビッグサンダーで有名な有楽製菓豊橋夢工場(本社)があるんだそうです。


駅の売店にはブラックサンダーあん巻きなる、イマイチそうなものが売ってたので買ってみたら、ブラックサンダーとチョコクリームが包まれており、ザクザク食感でめちゃくちゃうまくってびびった。


もっと買ってきたら良かった~と後悔しつつ、あん巻きやけどあん入ってない気がする。

おわりに

のびのびになってた念願のハマイチを無事達成できました。
現地にまで行くのが時間・お金的にもきついんでしたが新幹線名古屋往復切符でかなり押さえることが出来ました。輪行って手段は非常に効率的ですが、大きな荷物を持ち込むので混んでいると凄く気になるなぁ。
浜名湖周遊自転車道は凄く快適で景色も良いんですが、全体を通して見所はあまりなかった感じです。
食についてはあまりチェックしていなかったので、こだわれませんでしたが良い運動になりました。
最近、まったくロードバイクに乗っていなかったので距離のわりにめちゃくちゃ疲労してしまって本音限界でした。
体重が重くなると全然ダメですね。

ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。