雑記

コロナウイルスの神奈川県相模原市の感染患者はJR東日本の社員。勤務駅や入院病院、感染経路などについて調べてみました。

新型コロナウイルスに、神奈川県の相模原市で感染が確認されていた一家4人のうち、1名がJR東日本の社員で、2月16日まで駅で勤務していたことが明らかになったと発表がありました。
感染者の勤務していた駅や勤務内容、感染経路や入院病院について調べてみました。

感染者のJR勤務駅は

2月22日に新型コロナウイルスに感染が確認された50代の男性はJR東日本の社員で、相模原駅に勤めていたことが変わりました。

男性の業務は、事務作業を担当しており、発症した16日は相模原線の相模原駅で当直業務をしていました。
この、相模原駅では1日に58,000人もの人が利用する大きな駅です。

発表では、接客の業務をしていないという話で、その男性は同日に上溝駅、原当麻駅でもマスクを着けて業務をしていました。

男性の妻と長女、次女もすでに感染が確認されていて、感染者が集中する市内の相模原中央病院への入院歴はなく、自宅療養を続けているとのこと。

 

感染発覚後のJRの対応

JR東日本は、男性が勤務していた3つの駅の事務室のほか、乗客が触れる可能性がある、手すりやエスカレーター、エレベーターのボタンなどは消毒を済ませています。

また、男性と接触のあった9人の検査を今後実施する予定。
既に、微熱があった2名の社員をすでに自宅待機にしています。

神奈川県で新型コロナウイルスの相談は

病院にいく場合は直接行かずに下記の相談窓口へ連絡ください。

帰国者・接触者相談センター(厚木保健福祉事務所大和センター)
受付時間 8時30分から17時15分(平日のみ)
電話番号 046-261-2948

上記の時間帯以外は
「神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル」へご連絡ください。
電話番号 045-285-0536
受付時間 9時から21時(平日及び休日とも)

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大が進んでいる中。
現状で、どこが感染経路などと特定することは不可能ではないでしょうか。
とにかく、個人で出来る対応を心がけて、予防対策をしていくしかありません。

コロナウイルスの相談の目安って?風邪の症状や発熱が続いたり、高齢や持病のある場合はお早めに新型コロナウイルスの感染拡大が広がっています。 でも、自分が体調悪くっても、どのタイミングで相談したら良いかって分かりにくいですよ...
コロナウイルスの症状と感染経路は?治療方法と病院、保健所への対応について新型コロナウイルスが感染拡大。 日本でも多くの感染者が確認される中で、感染方法や症状とはどのようなものか。 どのような症状が出た...
コロナウイルスエアロゾル感染の予防策は?飛沫・接触感染との違いについて解説新型コロナウイルスは、今まで飛沫感染、接触感染のみの感染経路と言われておりましたが、 中国を中心に拡大している感染者に、2020年(令和...
ABOUT ME
nakasete
こんにちわ。三重県松阪市在住のnakaseteです。よろしくお願いします。
関連記事